時計に秘められた価値

時計の買い取り

高級時計買い取りというものもあり、特に時計買い取りを意識した優良業者は時計の修理、
オーバーホールを行える専属技師を雇っています。
そういった業者は特に高価買い取りが期待でき、なぜならばメンテナンスが必要な時計でも
そのような専属の技師がいることでメンテナンス費用が大きく抑えられるためなのです。
もちろん外注するところもあるかもしれませんがその場合はやはりその費用を考慮しての査定金額となり、
買い取り金額は下がってしまいます。
その金額はバカにできないものなので、できるだけ時計技師が在籍しているところを選びたいものです。
時計技師が在籍している、というのは買い取り店にとって非常に大きなセールスポイントとなりますので、
在籍している店舗を探すのはそう難しいことではありません。
時計の買い取りも非常に難しく、貴金属の知識、モデルの希少性、アンティークモデルなど
しっかり判断できねばなりません。
専属技師がいるところは時計の買い取りを強く意識したところですので、
鑑定士の時計への知識、鑑定眼に自信もありますので、尚更おすすめできる店舗だという証明となります。
傷がついている、ガラスが割れているものでも高級腕時計ならば査定をしてもらえるそうなので、
しまいっ放しの時計があれば査定にだしてみましょう。
 
・付属品などは全て持っていく
時計の買い取りにおいて付属品というものは非常に重要なものです。
その付属品によって買い取り価格が数万円単位であがることも当たり前なので、
必ず保管している付属品は一緒に持っていくようにしてください。
購入当時に入っていた保証書、箱、コマなどそれぞれに価値があります。
他の貴金属やブランド品などではありえないような価値の上昇が時計の付属品にはある場合があるのです。
一部の腕時計を除いて、これら腕時計は発売されてからの年月でどんどん値下がりはしてしまいます。
そのため中には付属品が完璧に揃っていたとしても、流行から外れた為納得のいかない
安値での買い取りとなるかもしれません。
それでも付属品なしの場合とは大違いで、特にギャランティのついているような時計においては
真贋判定で非常に信憑性の高いものとされる
のです。
また販売された年月日も明記されていますのでどの時代の時計であるかという正確な判断につながります。
付属品の具合によって、次につく買い手が出来やすくなり、店側にとってもメリットがあるため
買い取り値は上がりやすくなるでしょう。
逆についていないほうが次の販売価格は安くなりますが、本物を確実に欲しいという方は
やはり付属品がついているものを少し高くても買う傾向
があります。
 
・アンティーク時計
時計のアンティークはほとんどの業者でないものとされて査定されてしまっています。
しかし一部のマニアには絶大な人気を誇っているものもあり、もはや動作は関係なく
年季の入ったそのままのものを購入したがる顧客様がいらっしゃいます。
もちろんアンティーク時計に特化した買い取り専門店でないとこれらの商品の鑑定は難しいものなのですが、
うまくその業者を探し出せれば思わぬ高額で古い時計を買い取ってもらえる可能性もあるのです。
アンティーク時計の価値はピンキリなので、必ずしも高額が付くとは限りません。
ですがもし古い時計を査定に出すならば新しいパーツに取り替えるなどはけしてせず、
そのままのオリジナルパーツで持ち込むようにしましょう。
もし購入当時の保証書などがついているようでしたらそれも同様に、古びていても持ち込むようにしてください。
アンティーク時計は純正でないパーツを使ってでも綺麗にしてこそ高値が付くというわけではなく、
購入時そのままの姿が一番の価値となります。
保存状態がよく、年季が入っていてもコンディションがいいものでしたら、思わぬ価値が付く場合もあります!
それだけメンテナンスにかかる費用が少なくなるのでその分を上乗せさせた金額が期待できるでしょう。

関連ページ