時計に秘められた価値

時計に秘められた価値

高価買い取り商品といえばブランド品、貴金属、そして腕時計などもあります。
時計には思わぬ高額の値段がつくことも多く、場合によってはブランドバッグでは足元にも及ばないような
高額な値段が付けられることも多々あるのです。
特にスイス製の時計はほとんどの方が聞いたことのあるような有名ブランドばかり揃っています。
ビジネスシーンでもその人を一際輝かせてくれるのが時計の魅力、
ビジネスシーンでつけている時計を見られることは意外に多いので、
高級腕時計を選んで着用している方も多いです。
誰が聞いてもわかるそのネームバリュー、その知名度でも価値は高騰しているのですが、
もちろんそれだけではありません。
ステータスとしてももちろんですが、やはり高級腕時計は長持ちするのです。
高いから大切にする、というのももちろんですがその値段の裏には職人による手間がかけられています。
そのへんで売っている1万2万の時計ならば、すぐに壊れてしまいます。
いくら修理にだしたとしても10年以上元気に動いてくれるということは、
よほど物持ちが良くない限りありえないのです。
高級腕時計の場合、長持ちをするように作られていますので、製造から15年経過していても
元気に動いてくれるので、贅沢品としてだけではなく、実用的なものとしても十分に価値が認められています。
また他にも、ステンレスなどで時計は製造されていますが高級腕時計に関しては
素材に金やプラチナを使用されている場合があります。
この金やプラチナはその価値はもちろんですが、見た目が綺麗で劣化しにくいというメリットがあるのです。
そのため金やプラチナで作られた腕時計は、いつまでも綺麗なまま長持ちする、という価値があります。
見た目や長持ちするなどの価値を紹介してきましたが、すごいのが職人さんによる手間暇で、
その手のかかり方により末永く愛される時計となるのです。
高級腕時計には400以上のパーツが組み込まれており、職人さんの丁寧な仕事で作り上げられた時計は
定期的にオーバーホールを行うと、何十年もの時を刻んでくれるでしょう。
そう考えると高級腕時計は一生を共にできることも可能な、非常に価値の高い一品とわかります。
昔から元気に動いている、製造がかなり昔となっている時計は
アンティークとしての価値も得ることになるのが時計の魅力でしょう。
時計専門買い取り店もあるほどで、時計の価値は非常に高いものだという認識をもたれているのはあきらかです。

・高級時計の魅力
高級時計は特にビジネスマンに人気のものであり、それは一つのステータスとなります。
名刺を渡すといった動きで目に入る手元、その視界に高級腕時計をつけていると
「仕事のできる人間」として認識されやすい一種のステータス
となるのです。
時計は安いものですと百均でも売っているようなものですが、高級腕時計の価値は億単位に上ることも多く、
スイスの有名ブランドの時計は一生物の買い物として愛されています。
特にスイスの時計は誰しも一度は聞いたことがあるブランドで、
やはりその時計を持っているとステータスになるのです。
そして無理やり存在感をアピールするものでもないので、
スマートに自分のステータスを人に見せることができるという利点もあります。
時計は、確かに時間を見るための実用品ですが、贅沢品としての一面も十分に兼ね備えた商品です。
時計の人気は今も昔も変わらず、ときには王族が高級腕時計を着用していた歴史があります。
大きな買い物として、自分へのご褒美に高級腕時計を購入するビジネスマンも増え、
今も昔も変わらず価値は衰えないでいくのがこれら高級時計なのです。
その魅力は見逃されることなく、時計専門買い取り業者も存在し、成り立っています。
 
 
・手のかかり方がすごい!
これら高級時計は、よく販売されているメンテナンス不要の電池式ではなく機械式を採用されています。
電池式は電池さえいれれば動作し、必要なメンテナンスも特になく強いて言うなら
時間がずれたときに手動で直す程度です。
高級腕時計に採用されているのは機械式で、100個以上あるパーツを職人が一つ一つ組み上げていき、
時間と手間をかけて完成させるもの
となります。
この機械式は定期的にオーバーホールを行い、大切に使用すれば何十年も使える、元気に動くものとなります。
手間によって一生物の価値を得られるというのが非常に驚きですね。
高級腕時計の中にはパーツを400以上組み合わせているものもあり、それはとんでもない手間がかかっており、
尚且つ長期間しっかり動作するよう作られていますのでその価値が値段に反映されています。
時計は同じ感覚で時を刻むものなので、特に動力の要素はどこも同じでかまいません。
実際ムーブメントを外注で取り寄せているメーカーもあり、自社で必ずしも調整する必要はありませんが、
職人が一つ一つ欠けている手間は無視できるものではないため、高い評価をされているのです。
製造の手間を考えての販売価格ですと、納得いく値段となるのが高級腕時計です。


・一生物の存在に
1万2万の腕時計はすぐに壊れてしまい、どうしても買い替えが必要になりますが
数十万の価値がある腕時計というのは、大切に使用していると製造から10年以上経っても元気に稼動します。
もちろん高級品ということでその時計をずっと大切にしようという気持ちもあり、
尚のこと長持ちしますがムーブメントにかかっている手間、外装に使用されている貴金属など素材によって
長い時間が経過しても劣化しない腕時計となっているのです。
そのため定期的にオーバーホールを行うことでいつまでも元気に動き、
物によっては親から子へと受け継がれるものとなるでしょう。
高級腕時計に使われる素材には金やプラチナも含まれている場合があり、
この二つは経年劣化しにくい貴金属の為、長い間美しさを保ったまま使用することが可能です。
見た目も美しく、それでいて動作も長く正常に続く…
そんな高級時計は一生物の買い物としてうってつけのものでしょう。
腕時計を一生に一度の大きな買い物として、高級腕時計を選択する方は多くいらっしゃいます。
ずっと身につけて使用することができ、嫌味ではない存在感を放つ腕時計は
持つ人のステータスを高めると同時にずっと役立つもの
となるのです。